『音楽の友』4月号に12月8日の演奏会レビュー

昨年12月20日の演奏会「ロマンの花束」第2回のレビューが『音楽の友』3月号に掲載されました。

三宅麻美
ピアノ・リサイタル・シリーズ
第3回浪漫の花束

 東京藝術大学、ベルリン芸術大学と同大学院、イモラ国際アカデミーに学んだ三宅麻美は、ベートーヴェン・ソナタ・ツィクルス、ショスタコーヴィチ・シリーズなどテーマ性の高いシリーズ公演を成功させて存在感を示してきた。今回はシューベルトにフォーカスし、第1部では《楽興の時》全6曲を独奏、第2部では望月哲也を招いて《美しき水車小屋の娘》を協演した。三宅のソロはシューベルトの即興的気分と歌心をよく反映させたもの。「第2番」では和音の響きの美しさを引きだし、「第4番」では全休止のあとの中間部を細心の注意をもって音楽的に開始した。「第6番」の内面性の表出も共感を誘う。《美しき水車小屋の娘》でもピアノは全開だが、音量のある望月とのバランスは良好だ。〈第1曲〉、若者のはずむ心を表すピアノの前奏に乗り、望月が溌剌と歌いだす。水車小屋を見つけてはりきる若者。そのテンションを鎮める〈第4曲〉。叩きつけるようなピアノ前奏に導かれて燃える恋心が表現された〈第5曲〉、若者の一方通行の思いに歌い手とピアノが同情を寄せた〈第10曲〉と、物語は切なく進む。狩人登場以降の若者の焦燥、嫉妬、敗北感、絶望感の道筋も望月と三宅は手に取るように伝えてくれた。望月訳のテキストは平易かつ詩的。
●萩谷由喜子

会場=王子ホール/出演=望月哲也(T)/曲目=シューベルト《楽興の時》D780、《美しき水車小屋の娘》

『音楽の友』2024年4月号より

【演奏会予定】2024年10月23日 横山奈加子&三宅麻美 デュオ・リサイタル

2024年10月23日〔水〕19時開演
東京銀座・ヤマハコンサートサロン

ヴァイオリン 横山奈加子
ピアノ 三宅 麻美


モーツァルト ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト長調 KV 379
ブラームス ピアノのためのソナタ第2番 イ長調 Op. 100
スメタナ ピアノ三重奏曲 ト短調 Op. 15
 チェロ:印田陽介

チケットのご予約・お問合せ
ヤマハ銀座店ピアノフロア 03-3572-3132


【演奏会予定】2024年5月11日 やまとで♪クラシック2024

やまとで♪クラシック2024』
~ピアノトリオの宝石箱~

2024年5月11日〔土〕19時開演
大和市文化創造拠点シリウス サブホール

ヴァイオリン 片野 可八子
チェロ 三戸 明美
ピアノ 三宅 麻美

ハイドン ピアノ三重奏曲《ジプシー風》
ベートーヴェン ピアノ三重奏曲《大公》
ドヴォルザーク ピアノ三重奏曲《ドゥムキー》
チャイコフスキー ピアノ三重奏曲《偉大な芸術家の思い出に》
ほか

チケットのご予約・お問合せ
クラシックネットワーク 046-293-7315  yamato@classicus.jp


【演奏会予定】2024年3月30日 Sound Dream in 港北

『Sound Dream in 港北 Vol. 1』
2024年3月30日〔土〕13時30分開演
横浜市港北区民文化センター ミズキーホール

ヨハン・シュトラウス2世 ワルツ《春の声》
メンデルスゾーン 2本のクラリネットのための演奏会用小品第2番
 (クラリネット 武田忠善、バセット・ホルン 山崎泰子、ピアノ 三宅麻美
カッチーニ アヴェ・マリア
モーツァルト クラリネット五重奏曲 第1楽章
サン=サーンス 《動物の謝肉祭》(ピアノ 三宅麻美

ミズキー室内オーケストラ ほか